1. HOME
  2. HISTORY

HISTORY

紅茶店から始まった英国老舗高級百貨店ハロッズの歴史をご紹介します。

 

1834
チャールズ・ヘンリー・ハロッド氏が、ロンドンの
イースト・エンドで、紅茶を中心に扱う
食品卸売業を開業。
1849
現在のハロッズの店舗がある場所、ロンドンの西部・
ナイツブリッジで、紅茶と食品雑貨の小売店を開店する。
紅茶を扱う小さな食料品店からスタート。
1861
息子であるチャールズ・ディグビー・ハロッド氏が店を継ぐ。一軒の小さな食料品店から世界を代表する百貨店への大きな躍進を遂げた立役者。ちなみに陣頭指揮するタイプで、自分でやり遂げられない仕事は絶対に使用人に命じなかったとか。
1883
この年のクリスマスは開びゃく以来、最高のビジネスが見込まれていたものの、12月6日に火事で焼失。 しかしディグビーはめげず、廃墟と化したストアの向かいに仮の場所を見つけ、クリスマスの注文を調達。 この火災にもかかわらず、この年のクリスマスの商売はそのれまでの最高記録に。
1893-94
レディース・メンズのファッション、ファーサロン、
レストラン、美容室、写真館・銀行、不動産などが
続々と加わる。
1898
イギリスにて初!エスカレーターを店内に設置。
1902
ニートビーが手がけた、ハロッズのフードホールにある
ミートホールが誕生。
1905
大改装によって、今もその姿を残すテラコッタの
ファサードがお目見え。約11年かけて完成!
1909
入り口にドアマンが登場。
ハロッズ・グリーンの服を着た彼らを、
グリーン・マンと呼ぶように。
1911
ハロッズ内にジョージアン レストランがオープン。
今もなお百貨店の中にあるレストランの規模は
ヨーロッパNo.1。
1914-18
第一次大戦中男性スタッフが不足し、女性スタッフが
グリーン・ウーマン(ドアマン)やドライバーに。
1920
ハロッズ・ファクトリーを設立。
シューズ、シルバー加工、チョコレートなどの生産を
開始する。
1921
「くまのプーさん」の作者の息子 クリストファー・ロビン
が1歳の時、母親からハロッズで見つけたくまのぬいぐるみ
を贈られる。これがプーさんのモデルに。
1949
創立100周年。それを記念して、オープン当時の
食料品店を館内に再現。
1975
当時カリフォルニア州知事だったロナルド・レーガン氏
からの「象を届けてほしい」という注文に応え、
本当に子象を出荷!
1982
ハロッズショップの日本第1号店が日本橋三越本店に
オープン。
1989年
来店客のドレス・コードを導入。サンダル履き、
半ズボン着用などでの入店を禁止する。
1991
ロンドンのヒースロー空港内に免税ショップをオープン。
2008年にリニューアル、敷地面積1,000m2に。
1997
2,000万ポンド(1ポンド=170円で約34億円)を投じて、
エジプシャンエスカレーターを館内に設置。
1999
ハロッズ創立150周年を記念して、バレンタインデーに
ナイツブリッジに花火を打ち上げる。
2009
マレーシア首相により、マレーシアの新シンボルとして
有名なクアラルンプールのKLCCビル内に、500m2
広さを誇るハロッズ店舗&レストランをオープン。
2010
銀座三越内にハロッズのティールーム
「The Plantation Rooms」が初上陸。

世界的に人気のハロッズ・クリスマスベアが25周年を
迎える。
2011
三越広島店内にカジュアルバッグ中心のショップが
オープン。
2012
世界初となるハロッズオリジナル紅茶を使った
ドリンクとスイーツをカジュアルにお楽しみ頂ける
セルフスタイルのカフェ&ショップ
「Harrods TEA BAR」がオープン。
Harrods 30th Anniversary
日本上陸30周年を記念して
「30th Anniversary」限定商品を発売。